六厘舎 ☆

投稿者: | 2018-12-02

1か月ぶりの東京出張、前回は行きたいお店をあまりチェックできていなかったので、今回は事前にしっかり調査して東京駅構内のつけ麺屋の六厘舎に行ってみようと計画していました。
朝からつけ麺をやっていて、10時前にいったん閉店、お昼の営業を10時半から始めているということで、11時過ぎに行けるから大丈夫だろうと思ってお店へ突撃。
東京駅八重洲口側の地下1階、ラーメンストリートを見つけ、その角っこにお店がありましたがすでにすごい行列が…





写真裏の入口側からお店の壁を外側にぐるりと行列が取り囲んで裏側まで続いている行列です^^;
まだ昼前というのにサラリーマンも多いこと…
とはいえつけ麺屋、しかもテーブル席も相席でどんどん客を通していきますし、スマホ片手にのんびりする雰囲気もないお店なので20分くらいで行列はクリア。
行列の先頭近くなったところで食券を買うよう催促され、そのままカウンターへ案内されました。

味玉つけめん(930円)

席についてからお店の人の声が聞こえてきたりしたのですが、お店的にはお勧めは得製つけめん(1060円)だったのかな^^;;
味玉つけめんを頼んでしまいました…

前情報だとつけ麺に魚粉を入れるようになったのはこちらのお店が最初ということらしい。
魚粉臭プンプンのしつこい臭いはあまり好きではないのでこちらの本家本元はどうなのかなと思いつつ食べてみましたが…ぜんぜん臭くない!
濃厚だけどしつこくないつけだれ、極太の麺、メンマ、分厚いチャーシューと完成度の高さはさすがといったところですね。
大盛が+100円というのがちょっと残念だったので大盛にはしませんでしたが、それでもかなりのボリュームがありました。
最後はスープ割りにして完飲。




現在のつけめんのスタイルを確立したのは自分の店だと豪語するだけあって、さすがのレベルと実感しました。
これは☆をつけざるをえません。
六厘舎の店舗は東京駅のこちらのほか、スカイツリーのソラマチ、羽田空港と賃料の高そうなテナントばかりなんですね。
それなりの値段は仕方のないところかもしれませんが、本格つけ麺を味わいたいなら間違いないですね。

そうそう、お隣さんがメンマを注文していたのか、山盛りのメンマをおいしそうに食べていたのが印象的でしたw

六厘舎
東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街B1F東京ラーメンストリート内 TEL03-3286-0166

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。