和平飯店

宮崎県

近所に住んでいたもののお店の存在にまったく気づいていなかったこちらのお店です^^;
ランチパスポートに掲載されていたので、珍しいものを食べさせてくれるようだし1回行ってみるかと訪問してきました。
宮崎公立大の斜め向かいくらいのところにお店はありますが、2台分駐車場はあるようですが店前のスペースは狭いしどこに停めていいのかわからず。
ランチパスポートのメニューは、お店の一押しっぽい河南フイ麺にプラスして水餃子か上海小籠包のセットで500円(←800円)となります。




テーブルに置かれたフイ麺の説明

まずは河南フイ麺(通常500円)から運ばれてきました。

これまで見たことのないスープですね。
1口食べてみるとスープはなかなかいい味しています。
台湾でよく口にする香辛料の味もするので、いかにも本場の中華という感じです。
麺はきしめんをよぼよぼ?にした感じ。
特別おいしい麺というわけでは必ずしもありませんが、もちもちしているというかなかなかいいかもと思わせる麺ではあります。
大量のもやしにキャベツ、豚肉の具もおいしいです。
この麺料理が通常価格で500円だったらなかなかお得と思います。




夫婦2人での利用だったので、フイ麺にプラスのセットものは小籠包と水餃子を両方頼みました。

上海水餃子(通常300円)

一瞬本場の小籠包かと見間違う出来映えのようにも思えたのですが、いかにもスープが抜けてしまった感じ。
ちょっと惜しい感じでしたね。
黒酢をつけていただきます。
4個入りで300円ということで国内の小籠包にしては安い方だと思うので、これでおいしいスープたっぷりだったら定期的に通ってしまうところです。

水餃子(通常300円)

こちらも黒酢をつけていただきます。
水餃子でもっちりしていてまあまあおいしいですが、1人で10個食べるとなると単調になってしまうかも。
2~3人で分けるくらいがちょうどいいかもという感じ。

謎のフイ麺と小籠包、水餃子だけを食べたところでは、日本の一般的な中華料理屋さんとは違う本場の臭いを確かに感じます。
値段もどれも安いし、シンプルな玉子炒飯とかも食べてみたいところです。
お店は料理人のご主人1人で常時切り盛りしているのかわかりませんが、自分たちが訪問したランチタイムは1人だけだったので客が5人以上になると料理の提供がかなり遅くなる感じだったのは要改善といったところでしょうか。

通常メニューも載せておきます。


玉子炒飯は写真の見た目がすごくおいしそうなんですが、ほかのお客さんが食べていたのはもっと黒っぽかったような…


写真の小籠包はすごく良さそうなんですが…


↓↓よろしければ応援クリックをお願いします。

にほんブログ村

和平飯店
宮崎県宮崎市丸山1-50加藤ビル1F TEL080-6418-5765

コメント

タイトルとURLをコピーしました